CRCの志望動機の書き方。NGな例とOKな例!

CRCの志望動機

この記事を書いた人】ナナコ 1978年生まれ。元看護師の現役CRCです。看護師の仕事が肌に合わず、2010年に思い切ってCRCへ転職!CRCの仕事が楽しくて人生が変わった一人。この仕事を広めるために活動中!⇨詳しいプロフィールはこちら

CRCの仕事は、病院に勤める一般の看護師さんや薬剤師さんとは異なります。

そのため、応募の際に面接で聞かれる「志望動機」を、何も考えずに普通の看護師さんや薬剤師さんの感覚で答えてしまうと、「あれ?ちょっとズレているな。」「CRCの仕事を理解していないな。」という印象を持たれてしまうので注意しましょう。

まずは、CRC(治験コーディネーター)とは?や、CRCの仕事内容を読んで、CRCの仕事を理解していただくことが大前提ですが、その上で、以下の「CRC志望動機のポイント」を参考にしていただくと良いかと思います。

CRC志望動機のポイント

【NGな例】CRCの志望動機として「違う」もの

1)人のお世話をすることが好き。

CRCの仕事は人のお世話をすることではありません。看護師さんにありがちな間違いです。

2)「ありがとう」の言葉がうれしい。人から感謝される仕事に就きたい。

看護師、薬剤師さんなどの病院スタッフは、毎日、患者さんから多くの「ありがとう」をもらいますが、CRCはどちらかと言うと、被験者さんに「治験に参加してくださってありがとう」と、ありがとうを言う立場なので、少し違うな・・・という印象を受けます。

3)たくさんの“患者さん”と関わりたい。

CRCが関わるのは“被験者さんになってくれた患者さん”だけですから、1日に数名程度。
たくさんの患者さんと関わることはありません。
一般の病院スタッフとして仕事をする方が、たくさんの「患者さん」と関わることができます。

【OKな例 】CRCの志望動機として「適している」もの

1)新薬を世の中に出す(新薬開発の)手助けがしたい。

まずこれが基本です。この内容は必ず含めましょう。

2)現在の“目の前にいる患者さん”だけでなく、未来の“これから出会う患者さんたち”のためにも貢献できる仕事に魅力を感じる。

治験はあくまでも「試験」なので、目の前にいる現在の患者さんのためになるのか?はわかりません。
しかし、これから出てくるであろう未来のたくさんの患者さんたちのためになっているのです。

3)CRCとして、ドラッグ・ラグ(新薬承認の遅延)を解消するための力になりたい。

日本の新薬開発では、海外と比べて時間や費用が余計にかかり、新薬の承認が海外より遅れる現象(ドラッグ・ラグ)が問題となっています。

“海外で承認済みだけれども日本では未承認”の薬剤を使いたいがために、わざわざ個人輸入している患者さんもいるほどです。
CRCとして、「そんな日本の治験の問題を解決する力になりたい」というのは、立派な志望動機になります。

4)看護の資格だけでなく、得意の英語スキルを活かして社会に貢献したい。

CRCの仕事は日常的に英語に触れますので、一般の看護師さんや薬剤師さんなどの医療職と比べて、英語スキルを活かしやすい職種です。英語が得意な人は、こんな志望動機もお勧めです。

5)今までの経験で培った医療の知識とコミュニケーションスキルを活かしたい。

CRCの仕事は、治験依頼者(製薬会社)やモニター、被験者や医師、その他の医療機関スタッフなど、幅広い人間関係の中で治験を円滑に実施できるようコーディネートする仕事です。
高いコミュニケーション能力が求められるので、その点をアピールするのも良いでしょう。

【番外編】CRCの志望動機としては中途半端なもの

1)人と接する仕事が好き

人と接することができる仕事は、CRC以外にも山のようにあります。普通の接客業でもいいのでは・・・?という印象を受けます。

2)医療の知識を活かした仕事につきたい

医療の知識が一番活かせるのは、やはり、病院勤務でしょう。

まとめ

CRCの志望動機のポイントについてご紹介しました。

CRCの仕事の基本は『新薬を世の中に出すお手伝い』ですから、
・どんな人たちが新薬を待ち望んでいるのか?
・あなたが新薬登場をお手伝いすることで、誰が笑顔になるのか?
という点について想像を膨らませると書きやすいですよ^^

私がCRCに転職した時は“マイナビ看護師”を利用して、志望動機についての添削やアドバイスを受けました。
無料登録すれば誰でも受けられるお得なサービスですので、自分が書いた志望動機に自信がない人にはオススメです。

≪マイナビ看護師≫無料登録はこちら

CRCへ転職するか、迷ってる?

CRCの仕事に興味を持っているものの、まだ決めかねている・・・という人も多いのではないでしょうか。

あなたが一番気になっているポイントはどこでしょうか?

  • お給料
  • 将来性
  • 自分がやっていけるかどうか?
  • そもそも就職できるのか?

などなど、いろいろありそうですね。

CRCになるための『三大医療資格』は看護師・薬剤師・臨床検査技師です。

あなたがすでにこれらの資格をもっていれば、CRCへの転職はそんなに難しいものではありません^^♪
こちらの記事に、CRCになる方法を詳しくまとめましたので、ぜひご覧ください。

>>SMOのCRCになる方法をわかりやすく解説!>>

関連記事

無資格でCRCになりたい人

無資格(医療系の資格がない)の人でもCRCになれる?答えは◯◯です!

CRCの大変なところ

CRCの『仕事の大変なところ』トップ7!

CRCの残業

CRCって残業が多い?平均でどれくらい?残業が増える4つの要因

看護師とCRCの違い

『看護師とCRCの仕事の違い』をわかりやすく解説。

CRCの転勤

CRCには転勤がある?転勤を命じられるCRCの条件とは?

CRCのお給料

【CRCの給料・年収】現役CRCが給料・年収を徹底解説!