薬剤師がCRCになるともったいない?年収より◯◯が大事!

薬剤師免許を持つCRC

この記事を書いた人】ナナコ 1978年生まれ。元看護師で現在はCRC歴7年目の現役CRC。看護師の仕事が肌に合わず、2010年に思い切ってCRCへ転職!CRCの仕事が楽しくて人生が変わった一人。この仕事を広めるために活動中!⇨詳しいプロフィールはこちら

SMOでは、薬剤師免許を持つCRCはそれほど多くありません。
大手SMOが開示しているデータを見ると、薬剤師が占める割合はCRC全体5〜15%程度になっています。

看護師や臨床検査技師がそれぞれ30%程度をしめていますので、それと比べるとやや少ない事がお分かりいただけるかと思います。

それでは、なぜ薬剤師免許を持つCRCは少ないのでしょうか?
その主な理由は・・・『お給料』のようです。

薬剤師でCRCになるともったいない??

薬剤師免許をもつCRCが少ない理由はいろいろありますが、最も重要な点は、
『CRCになるより、もっと高いお給料がもらえる仕事があるから』
という点です。

実はCRCの場合、バックグラウンド(医療資格)による年収の差がそれほどありません。

病院に勤務すると、薬剤師、看護師、臨床検査技師などそれぞれの免許に応じて基本給が違うのが一般的ですよね。
厚生労働省が出している平成27年度賃金構造基本統計調査のデータから、薬剤師、看護師、臨床検査技師の年収を比較すると次のようになります。

     薬剤師>看護師>臨床検査技師

一方で新卒CRCの場合、医療資格による差はほとんどありません。
(2016年時点での現状ですので、あと数年もすれば状況が改善されるかもしれません。)
ただし、新卒でなく社会人からCRCへの転職であれば、基本的には前職のお給料を参考にして転職後の年収が決まるため、高めのお給料を貰われていた薬剤師さんはそれなりに高い年収に決まることが多いようです。

薬剤師の特徴を活かして『昇進=昇給』を目指す

「それじゃあ、薬剤師免許を持つ人がCRCになると必ず損をするの?」と聞かれると、実はそうでもありません。
CRCになり最初の数年は、前職(薬剤師として勤務する)より年収が下がることがほとんどですが、CRCの場合は一般の医療従事者より昇給しやすく、数年の経験を積むことで年収がグッと上がることが期待できます。
特に、薬剤師の特徴を活かしたCRCとして活躍できれば、早期に昇進(=昇給)を目指すことが可能です。

CRCの仕事は幅広く、疾患、治療、検査など様々な知識が求められますが、その中でも薬剤に関する知識はとても重要です。
治験はまさに、『薬剤』に関する仕事です。
薬剤師免許をもつCRCの特徴は、治験薬に関する理解が早いだけでなく、各種薬剤についての基本的な知識をもってるため治験の意図を理解しやすく、医師や治験依頼者(製薬会社)とのディスカッション、被験者への説明等で力を発揮することが挙げられます。

そのような薬剤師としての特徴を活かして差別化することで、一般のCRCより早く昇進(=昇給)することも可能ですし、薬剤師として薬局でに働く以上の年収を得ることも期待できます。

CRCが「楽しそうだから」この仕事に就いた人が多い

実際、薬剤師免許をもつCRCに、なぜこの道を選んだのか聞いてみると、「病院や調剤薬局よりCRCの方が楽しそうだったから」という声がよく聞かれます。
薬剤師の“調剤業務”に魅力を感じない薬剤師さんは意外と多いものなんですね。

そして、CRCのどんなところが「楽しそう」と感じる?と尋ねたところ、次のような答えをいただきました。

1.新薬の開発に携われること
2.視野が広がる
3.土日休みが取れる

SMOのCRCの仕事にはいろいろな“変化”があります。
日によって、行く(派遣される)病院が違ったり、新しい試験が始まり、新しい製薬会社やモニターさんとの関わりが始まったり。
CRCになると患者(被験者)さんとの関わりも深くなります。

薬剤師として、毎日狭い職場で同じメンバーとずっと顔を合わせ、単調な調剤業務に就くよりも、CRCの方が楽しそう!と思われる人が多いのは納得できますね

医療職でありながらもOLのように働ける楽しさは、CRCの魅力の一つなんですよ。
CRCになりたい薬剤師さんは、年収ダウンをカバーするためにも、早めにCRC職に就き、経験を積んで昇給を目指すことをお勧めします。

薬剤師さんの場合、少しでもCRCとしての初任給を上げてもらうためには直接応募ではなく転職サイトを活用した方が良さそうです。
数ある転職サイトの中でも、CRCの求人が最も充実しているのはマイナビ薬剤師。
無料登録すれば、誰でもCRCの求人の紹介や年収交渉などをしてくれますので、ぜひ、ご利用されることをおすすめします。

《マイナビ薬剤師》無料登録はこちら

CRCへ転職するか、迷ってる?

CRCの仕事に興味を持っているものの、まだ決めかねている・・・という人も多いのではないでしょうか。

あなたが一番気になっているポイントはどこでしょうか?

  • お給料
  • 将来性
  • 自分がやっていけるかどうか?
  • そもそも就職できるのか?

などなど、いろいろありそうですね。

CRCになるための『三大医療資格』は看護師・薬剤師・臨床検査技師です。

あなたがすでにこれらの資格をもっていれば、CRCへの転職はそんなに難しいものではありません^^♪
こちらの記事に、CRCになる方法を詳しくまとめましたので、ぜひご覧ください。

>>SMOのCRCになる方法をわかりやすく解説!>>

関連記事

治験コーディネーターになると、仕事で海外にいけるってホント?!

両親の反対

CRCになりたいのに、親が反対?!その理由を考えてみた。

モニターとCRC

一目でわかる!CRCとモニターの『仕事の違い』はこれだ。

男性CRC

男性でもCRCになることはできる?徹底調査してみた。

CRCの転勤

CRCには転勤がある?転勤を命じられるCRCの条件とは?

CRCの志望動機

CRCの志望動機の書き方。NGな例とOKな例!