『CRCは医療行為ができない』事実。その理由と詳細を解説

注射器

この記事を書いた人】ナナコ 1978年生まれ。元看護師で、現在はCRC歴7年目の現役CRC。看護師の仕事が肌に合わず、2010年に思い切ってCRCへ転職!CRCの仕事が楽しくて人生が変わった一人。この仕事を広めるために活動中!⇨詳しいプロフィールはこちら

CRC(治験コーディネーター)を目指す人なら、もうこの事実を聞かれたかもしれませんね。

“CRC”は医療行為をすることができないということを。

これは事実です。
ただし、CRCはCRCでも『SMOのCRC』に限定されます。
院内のCRCであれば、決してそう決められているわけでもありません。

“院内CRC”であれば、看護師や薬剤師など、あなたが持っている医療資格に従い医療行為は可能です。
(病院によっては「院内CRCには医療行為をさせない」と定めているところもあります)

SMOのCRCが医療行為をできない理由

SMOのCRCが医療行為をできない理由は、「労働者派遣法」で禁止されているからです。

SMOのCRCは、治験を実施する病院やクリニックの委託を受けたSMOから“派遣される”仕事です。

そのため、労働者派遣法という法律に則って業務を行う必要があるわけですが、この法律の中で『適用除外業務』といって、労働派遣事業ができない業務に「病院等における医療関係の業務」が指定されています。

通常、看護師や薬剤師が病院で行う業務(=医療行為)はこれに該当しますので、SMOのCRCは医療行為ができないのです。

ちなみに、労働派遣が禁止されている業務は、医療関係以外にも、建設業務、警備業務、湾岸運送業務などがあります。

なぜ「医療関係の業務」が労働者派遣法で禁止されているの?

医療は、医師を中心に看護師や薬剤師、管理栄養士や理学療法士などの専門職が一つの“チーム”を形成して提供されています。

これを『チーム医療』と言います。

適正なチーム医療を提供するためには、チーム内のメンバー全員が互いの能力を認め合い、治療方針を把握し、十分な意思疎通を図った上で業務を遂行する必要があります。

派遣労働者の場合、「誰を派遣するか?」というメンバーの決定や変更は“派遣元”が決めるため、病院の意向に関係なく労働者を変更されたり、止められてしまうこともあります。

そのため、チーム医療を提供するメンバーの一人が派遣労働者である場合、適正なチーム医療の提供に支障を生じかねないという理由から禁止されているんですね。

『医療行為』って、どんなこと?

SMOのCRCができない医療行為には、具体的に以下のようなものが含まれます。

・採血
・注射/点滴/投薬
・水銀血圧計による血圧測定(自動血圧計はOK)
・調剤業務
・各種検査(心電図装着、呼吸機能検査など)

治験では、安全性の観点から血液検査(=採血)は欠かせませんし、医師から処方された治験薬の調剤業務も頻回に発生します。

SMOのCRCはこれらの業務(=医療行為)に直接関わることはできませんので、医療機関のスタッフへ依頼しなければなりません。

通常診療の業務で忙しくしているスタッフに、治験で生じる業務を依頼するのは気が引けてしまう、、、というCRCの気持ちは、容易にご想像いただけるのではないでしょうか。

そんな状況であっても、医療機関のスタッフにできるだけ負担をかけないよう、そして気持ち良く引き受けてもらえるように上手く依頼するスキルは、CRCの『コーディネート力』だといえます。

CRCは自ら医療行為ができないからこそ、コーディネート力がさらに磨かれるのかもしれません。

CRCは医療技術のスキルが衰えることを気にしていない!

SMOのCRCになると一切の医療行為ができなくなるため、「せっかく身につけた採血や点滴などのスキルが衰えてしまうのでは?」と心配される人もいらっしゃいます。

おそらく、それはその通りでしょう。

しかし、CRCとしてバリバリ働いている人は、そんなこと全然気にしていない!というのが実際です。

ちなみに私は看護師時代、精神的プレッシャーに弱く(失敗したら申し訳ないという気持ちから)採血や点滴をすることが好きではありませんでした。

そのため、CRCになって『医療行為を禁止されている』ことが大歓迎です。笑

CRCの仕事が向いている人は、おそらく採血や点滴のスキルが落ちてしまうことを全然気にしない人だと言えます。

逆に、せっかく身につけたスキルを落としたくない!これからも活用したい!と思っている人は、CRCではなく、看護師や薬剤師として就職されることをおすすめします。

CRCへ転職するか、迷ってる?

CRCの仕事に興味を持っているものの、まだ決めかねている・・・という人も多いのではないでしょうか。

あなたが一番気になっているポイントはどこでしょうか?

  • お給料
  • 将来性
  • 自分がやっていけるかどうか?
  • そもそも就職できるのか?

などなど、いろいろありそうですね。

CRCになるための『三大医療資格』は看護師・薬剤師・臨床検査技師です。

あなたがすでにこれらの資格をもっていれば、CRCへの転職はそんなに難しいものではありません^^♪
こちらの記事に、CRCになる方法を詳しくまとめましたので、ぜひご覧ください。

>>SMOのCRCになる方法をわかりやすく解説!>>

関連記事

看護師とCRCの違い

『看護師とCRCの仕事の違い』をわかりやすく解説。

CRCの資格を勉強

“CRCになるための資格”ってあるの?答えは◯◯だった。

CRCの転勤

CRCには転勤がある?転勤を命じられるCRCの条件とは?

看護師から治験コーディネーターに転職するメリット・デメリットをズバリ!

人見知りでもCRCになれる?CRCに必要な“コミュニケーション能力”について考え...

CRCの服装

ちょっと気になる。CRCはどんな服装で仕事をする?