CRCって残業が多い?平均でどれくらい?残業が増える4つの要因

CRCの残業

この記事を書いた人】ナナコ 1978年生まれ。元看護師で現在はCRC歴7年目の現役CRC。看護師の仕事が肌に合わず、2010年に思い切ってCRCへ転職!CRCの仕事が楽しくて人生が変わった一人。この仕事を広めるために活動中!⇨詳しいプロフィールはこちら

CRC(治験コーディネーター)に転職しようかな?と思った時に、気になる項目の一つはおそらく『残業時間』ですよね。

このサイトの読者さんからも『残業はどれくらいありますか?子育てしながらでもCRCになれますか?』というお問い合わせをよくいただきます。

ここでは、CRCの残業時間について、私自身の事例と、同僚CRCの状況を踏まえて徹底解説します!

治験コーディネーターって残業が多いの?平均で何時間くらい?

「CRCって残業が多いですか?」と聞かれると、どれくらいの残業時間が『多い』になるのか?という基準が分からず返事に困ってしまいますが、CRCの仕事もやはり、残業がまったくないわけではありません。

この仕事は、忙しい時期と忙しくない時期の波があります。

私自身や、周囲のCRCの残業を見てみると、忙しいピーク時は1日平均1.5〜2時間程度(月に40時間弱)の残業をしています。

でも、暇な時期は残業ゼロです。

1年間で平均すると、忙しい時期は一年の1/4(3ヶ月程度)、忙しくない時期は3/4(9ヶ月程度)といった感じでしょうか。

最も多い層は、月に0〜20時間残業しているCRCです。

派遣される施設(病院)や担当する試験によっても違うので、簡単にまとめてしまうのは難しいですが・・・でも、ざっくり言えばこんな感じです。

ただ(私自身も看護師で病棟勤務、外来勤務をしていましたが)看護師時代の残業と明らかに違うのは、『CRCの残業は自分でコントロールできる』という点です。

看護師って、その時の患者さんの人数だったり、重症度だったり、一緒に働く看護師との関係で残業量が変わりませんか?

その点、CRCは違います。

被験者(患者さん)対応は、それほど時間がかからないので、あとの事務処理的な業務を、自分でどう処理するか?という問題になります。

早く帰りたい日は、「当日中に片付けなきゃいけない仕事」だけをやって、残りは翌日に回すことも可能です。

ただ、CRCは「みんなでやる仕事」というより「個人でやる仕事」という雰囲気なので、正社員で働く場合は『仕事に対する個人の責任』が看護師より重いです。

責任の少なさ=気楽さ(?)で言えば、クリニックで働くか、パート看護師で働いた方が楽だと思いますね。

治験コーディネーターの仕事が忙しくなる(=残業が増える)4つの要因

それでは、CRCの仕事はどんな要因があると、忙しくなる(=残業が増える)のでしょうか?
一般的に、多くのCRCが「忙しくなるなぁ」と感じる要因をご紹介します。

CRCの残業が増える要因や時期

  • 試験開始の準備をしているとき(スクリーニングやスタートアップミーティングの準備など)
  • 被験者さんの組み入れ(本登録)があったとき
  • たくさんの被験者さんの対応が重なったとき
  • 重篤な有害事象が発生したとき

CRCの業務が忙しくなり、残業が増える原因は上記がほとんどです。

多くの試験を担当するCRCや、がんなどの重篤な有害事象が発生しやすい試験を担当しているCRCは、残業時間が多くなる傾向にあります。(ちなみに私がそのタイプです)

「重篤な有害事象(例:入院や命に関わる事象)」が起きると、治験責任医師とCRCは、それを知り得てから24時間以内に“報告書”を作らなければなりません。

この報告書が日本語で書くものならすぐにできるんですけどね、、、

最近は英語で書かなきゃいけないものが増えているので、事象の経過を日本語⇨英語へ翻訳するのに時間がかかってしまいます(´・ω・`)

しかし、そうは言っても看護師時代よりずっと残業は減りましたし、何より自分でコントロールできる範囲が大きいのが嬉しい!

また、CRCは女性が9割近くを占めるので、家庭やお子さんの事情にはみんな理解があります。
“お互い様”の精神で、小さなお子さんがいるCRCには、残業させない、または残業しなくて済む治験を担当してもらうなどの工夫をしています^^

フレックスタイム制で、残業した分、早く帰宅することもできる

多くのSMOでは、CRCの通常勤務時間を9:00-17:30と定めた上で、フレックスタイム制度を導入しています。

フレックスタイム制(フレックスタイムせい、英: flextime system)とは
労働者自身が一定の定められた時間帯の中で、始業及び終業の時刻を決定することができる変形労働時間制の一つである。
wikipediaより

フレックスタイム制が導入されているSMOで働くCRCは、被験者対応や医師とのアポイントの時間により、出勤&終業時間を自由に調整することができます。

例えば・・・
通常の勤務時間9:00-17:30の場合、
1月10日:9:00-19:30まで勤務した。(2時間残業)
1月11日:被験者対応が午後からなので、11:00-17:30で勤務した。(−2時間勤務)

これは、子供をもつお母さんCRCにとって、とても働きやすい制度だと思います。
少し残業時間がたまったなぁ・・・と思ったら、余裕がある日は早めに帰宅して、しっかり家事や子供の相手をすることができるんです。とっても助かりますよ^^

CRCは、このようにして残業時間が増えすぎないように工夫しながら働いています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
CRCの仕事は、“みんな”でするより“個人”でする仕事の割合が多いため、残業するかどうかは、個人の仕事のスピードにも左右されます。

個人的には、看護師時代は月30時間以上残業していたので、その頃に比べるとグッと減った印象ですね。

ちなみに、治験業界ですとCRCより開発モニターの方がずっと残業が多い職種です。
あまり残業をしたくない私には、開発モニターはできないなぁ・・・と思っています。

CRCへ転職するか、迷ってる?

CRCの仕事に興味を持っているものの、まだ決めかねている・・・という人も多いのではないでしょうか。

あなたが一番気になっているポイントはどこでしょうか?

  • お給料
  • 将来性
  • 自分がやっていけるかどうか?
  • そもそも就職できるのか?

などなど、いろいろありそうですね。

CRCになるための『三大医療資格』は看護師・薬剤師・臨床検査技師です。

あなたがすでにこれらの資格をもっていれば、CRCへの転職はそんなに難しいものではありません^^♪
こちらの記事に、CRCになる方法を詳しくまとめましたので、ぜひご覧ください。

>>SMOのCRCになる方法をわかりやすく解説!>>

関連記事

CRCに必要な素質とは

CRCに必要な素質はこの3つ。これがないと無理だった。

CRCのやりがい

CRCの仕事のやりがい&転職してよかった点17選!

CRCの将来性

CRCの将来は安泰?衰退?『CRCの将来性』を考えてみた。

CRCの資格を勉強

“CRCになるための資格”ってあるの?答えは◯◯だった。

治験コーディネーターは定年までずっと働き続けられる職種?現役CRC目線で考えてみ...

未経験CRC

未経験からCRCになる。転職成功の3つの秘策!