CRCとして成長する。『認定CRC資格』について知ろう!

認定CRC資格

管理人画像この記事を書いた人】ナナコ 1978年生まれ。元看護師の現役CRCです。看護師の仕事が肌に合わず、2010年に思い切ってCRCへ転職!CRCの仕事が楽しくて人生が変わった一人。この仕事を広めるために活動中!⇨詳しいプロフィールはこちら

『認定CRC(治験コーディネーター)資格』とは、「治験に関する学会や業界団体が実施している認定試験」に合格したCRCに与えられる資格です。(※国家資格ではありません。)

現在、認定CRC制度は複数の学会や業界団体が実施しており、それらすべてを含めて『認定CRC』と呼ぶため、どれか一つの試験を指しているわけではありません。
CRCの資質向上を目的として作られた制度であり、認定CRCになれば、その学会や団体にCRCとしての資質を保証されたことになります。

「認定CRC資格って、CRCに“なるための資格”ですか?」という質問をよく受けますが、決してそうではありません。
認定CRC資格制度は、すでにCRCとして経験を積んでいる人のための制度であり、CRCに“なるため”の資格ではないのでご注意ください。

認定CRC制度を実施している学会・業界団体

現在、5〜6種類程度の認定CRC制度がありますが、その中でも私たち現役CRCの間で一般的に言われている『認定CRC資格』は、主に1)、2)の2つを指します。

主要なもの

1)日本SMO協会(JASMO) 公認CRC

2005年から始まり、2015年で3356人がJASMO公認CRCになりました。
受験資格を得るためには、CRCの実務経験2年以上が必要です。
SMOのCRCであれば、必ず取得しておきたい資格です。

2)日本臨床薬理学会 認定CRC

2003年から始まりました。認定CRCの累計数は公開されていません。
CRCとしての実務経験年数に加え、担当したプロトコール数や、学会やCRC養成研修への参加ポイントなど細かい受験資格が定められており、CRC認定試験の中で最も難しい試験と言われています。
SMOのCRC、院内CRCを問わず受験者がいます。

サブ的なもの

主要な上記2試験以外にも、認定CRC制度のサブ的なものとして以下の3つがあります。(※あまり一般的ではありません。)

3)CCRP (SoCRA:ソクラ)

アメリカに本拠地を置く非営利団体が運営している認定CRC資格です。
日本では認知度が低いですが、昨今の治験グローバル化に伴い、世界では注目されるようになってきました。
日本語で受験できる試験は2014年が最後で、2015年以降、英語の試験しかありません。
さらにハードルが高くなったという印象です。

4)SMONA公認CRC (スモナ)

SMOネットワーク協同組合が運営している認定CRC資格です。
認知度はあまり高くありませんが、一年に一回、SMONAが提携しているアメリカSMOの研修カリキュラムに参加できる権利が得られるため、海外で武者修行をしてみたいCRCにはオススメです。

5)日本癌治療学会 認定CRC

抗がん剤はこれからますます治験の需要が高まる分野です。
そのため、治験業界では昨今、抗がん剤の治験に対応できる専門性の高いCRCが求められています。
日本ではまだ、認知度が高くない認定CRC制度ですが、これから注目度が増すことが予想されています。

日本SMO協会(JASMO)公認CRC資格は、もはや必須!

『試験は苦手。試験と聞くだけで怖い。』
・・・なんていう人もいるかもしれませんが、SMOのCRCになった人は、少なくとも日本SMO協会(JASMO)公認CRC試験だけは、避けて通れない試験だと思った方が良いでしょう。

今や、ほとんどのSMOでJASMOは受験必須になっています。
SMOによっても異なりますが、合格すれば、毎月数千円程度の「資格手当」が付いたり、基本給が上がったりします。

JASMO公認CRC試験は、年に1回、毎年11月頃に開催されます。
全部で100問の選択式問題で、合格率は7割以上です。
それほど難しい試験ではありませんので、CRCになる前から色々と思い悩むことはありません。
CRCになってから考えれば十分です。

ただ、5年毎の更新が求められる制度なので、一度合格してしまえば終わり。というものではなく、認定CRC資格を取得したあとも継続的に研修に参加し自己研鑽が必要です。

まとめ

認定CRC資格についてご紹介しました。
現在のところ、一般的にCRCが言う『認定CRC』とは、
1)日本SMO協会(JASMO)公認CRC
2)日本臨床薬理学会 認定CRC
の二つを指します。

しかし、これからは治験のグローバル化や抗がん剤治験の増加に伴い、それ以外の認定CRC資格も注目を浴びそうです。

CRCへ転職するか、迷ってる?

CRCの仕事に興味を持っているものの、まだ決めかねている・・・という人も多いのではないでしょうか。

あなたが一番気になっているポイントはどこでしょうか?

  • お給料
  • 将来性
  • 自分がやっていけるかどうか?
  • そもそも就職できるのか?

などなど、いろいろありそうですね。

CRCになるための『三大医療資格』は看護師・薬剤師・臨床検査技師です。

あなたがすでにこれらの資格をもっていれば、CRCへの転職はそんなに難しいものではありません^^♪
こちらの記事に、CRCになる方法を詳しくまとめましたので、ぜひご覧ください。

>>SMOのCRCになる方法をわかりやすく解説!>>

関連記事

CRCの仕事の説明

CRCの仕事内容。まずは全体像を知ろう!

CRCの「勤務表に縛られない働き方」

勤務表にしばられない“自由な働き方”が魅力!「CRCは勤務を自分で調整できる」っ...

治験アルファベット略語

治験用語 アルファベット略語集

CRCたるもの心を強く持て!

【CRC心の格言】CRCたるもの、心を強く持て!〜CRCの不適切行為から学ぶ〜